11
4月
0

ルーターを換えたのです。


1ヶ月以上前の話ですが、自宅サーバーにしてからずっと使ってたルーター(BA8000PRO)が最近になって、ほぼ毎週ハングアップするようになってしまったのです。


この際だからLINUXでルーター専用機でも構築しようかと思ったのですが、狭い部屋なのでさすがにスペース的に無理があるので、ちょっと高いけど評判のよかったYAMAHAのRT58iを買ってみました。

ってことで自宅サーバー向け(静的IPマスカレード)の設定方法をここで紹介します。

[トップ] > [詳細設定と情報] > [基本接続の詳細な設定] > [プロバイダの修正(PP[01])]
の「静的IPマスカレード関連(フィルタの自動定義:80番〜89番)」を追加していきます。

nat1.jpg

1.www(tcp80番)
2.ftp(tcp21番),ftpdata(tcp20番)
3.pop3(tcp110番),smtp(tcp25番)
4.domain(tcp53番)
5.domain(udp53番)
6/7.passive port(10020-10023)
8.https(tcp443番)からssh(tcp22番)へフォワード

「使用ホストIPアドレス」はサーバーのローカルIPです。

※↑では小分けにしてますが範囲指定(10020-10023のように)も可能です。
※6/7はFTPでPASV接続した場合に使用するポートです。
※8は会社からssh接続する場合に、会社側でsshポートが閉じられているためにhttpsポートを使用してルーターで22番ポートへフォワードしています。

基本的には1~7の設定をすれば終わりなのですが8のようなポートフォワードを行った場合は
[トップ] > [詳細設定と情報] > [ファイアウォールの設定] > [IPv4 ファイアウォールの設定[PP01]
の「IPv4 静的IPフィルタの一覧」で22番ポートに穴を開けないといけません。

nat2.jpg

※80番〜86番は「静的IPマスカレード関連(フィルタの自動定義:80番〜89番)」の設定で自動的に追加されます。
※4番が22番ポートを開放した設定です。

自宅サーバー向けの設定は以上です。

あと個人的には1週間に1度ルーターを再起動するように設定しています。

schedule at 1 */Mon 06:30 * restart

毎週月曜日の朝6時半に再起動する設定です。

Enjoyed reading this post?
Subscribe to the RSS feed and have all new posts delivered straight to you.
Post your comment



now loading...