totaltodayyesterday

フリーなCGIと自宅サーバー情報サイト

CmfCounter-TypeC

[ サンプル ]

CmfCounter-TypeC(FAモード)サンプル

countercountercountercountercountercountercountercounter

CmfCounter-TypeC(CAモード)サンプル

countercountercountercountercountercountercountercounter

[ 機能説明 ]
» アニメーションGIFで表示が可能
» CGIのみで動くのでSSIを禁止している所でも設置が可能
» 他のサイトでの不正使用防止機能
» 特定のホスト名、IPアドレスをカウントしない機能
» 同日中の同一IPをカウントアップしない機能
» カウンターのリセット防止機能
» アニメーションGIFでの表示方法をFAモード(すべての桁をアニメーション)とCAモード(カウントアップした桁だけをアニメーション)の選択が可能

御利用頂く前に必ず「利用規約」をご覧下さい

[ ダウンロード ]

cmfcount3.lzh(10k)

[ 設置方法 ]

■cmfcount3.lzhを解凍後、下記のファイル、ディレクトリがあるか確認して下さい

ファイル パーミッション 説明
cmfcount3.cgi 755 スクリプト本体
images(error1.gif…error9.gif) エラーを表示する画像
data 777 カウンターログを格納するディレクトリ
lock 777 ロックファイル監視用ディレクトリ
count.dat 666 カウント数を記録するファイル(以下カウントログ)
カウント数を0から始める時は不要
readme.html 設置方法の記載されたマニュアル

*「lock」「data」ディレクトリは添付されていませんので、御自身で作成してください

■各モードのカウンター用GIF画像をダウンロードして下さい

・FAモード
(画像をクリックしてダウンロード)
famode1(85.5k)
famode2(95.4k)
famode3(20.6k)
dmode1(18.1k)
・CAモード
(画像をクリックしてダウンロード)
cmode1(17.2k)
cmode2(34.9k)
dmode1(22.9k)

*「FAモード」は御自身で用意したアニメーション、静止GIF画像でも、動作します

■cmfcount3.cgiをエディタ等で開いて、下記の部分を設定して下さい

[ 1行目 ]

Perlまでのパスを指定(不明な時はプロバイダに確認して下さい)
#!/usr/local/bin/perl

[ 設定項目 ]

1.FAモードのときは「0」、CAモードのときは「1」を指定
$gifanm = 1;

2.不正使用防止機能を(0:使う/1:使わない)を指定
$def = 0;

3.2を「使う」にした場合、カウンターを表示するページのURLを指定(アクセスされると思われるURLを全て指定)
@URL = (‘http://…’,”);

4.ファイルロック(flock関数)を(0:使う/1:使わない)を指定
$f_lock = 0;

5.GIF画像が格納されているディレクトリ(images)までのパス(通常は変更不要)
$imgdir = ‘./images/’;

6.カウントログ格納用ディレクトリまでのパス(通常は変更不要)
$cntdir = ‘./data/’;

7.ロックファイル監視用ディレクトリまでのパス(通常は変更不要)
$lockdir = ‘./lock/’;

8.同日中に同一IPがアクセスした場合のカウントアップ(0:する/1:しない)
$up = 0;

9.特定のホスト名、IPアドレスのカウント防止(使用しない時は空欄)
ホスト名を指定する時は[so-net.ne.jp][nifty.com]の部分を指定
IPアドレスを指定する時は先頭の2つ[210.189][203.35]の部分を指定
@DENY = (”,”);

■カウンターを表示したい場所に下記のように桁ごとにIMGタグを挿入してください

<IMG SRC=”http://…/images/l.gif” /><IMG
SRC=”http://…/cmfcount3.cgi?6=top” /><IMG
SRC=”http://…/cmfcount3.cgi?5″ /><IMG
SRC=”http://…/cmfcount3.cgi?4″ /><IMG
SRC=”http://…/cmfcount3.cgi?3″ /><IMG
SRC=”http://…/cmfcount3.cgi?2″ /><IMG
SRC=”http://…/cmfcount3.cgi?1″ /><IMG
SRC=”http://…/images/r.gif” />

・上記は桁数を6桁にした場合の設定方法です。
・cmfcount3.cgi?に続けてそれぞれ桁を入れてください。
・1番上の桁は必ずcmfcountcgi?6の後ろに「=top」を入れてください。
・最初と最後の「l.gif」「r.gif」は両枠の画像です。

設置の悪い例
<IMG SRC=”http://…/cmfcount3.cgi?6=top” />
<IMG SRC=”http://…/cmfcount3.cgi?5″ />

*上記のように閉じタグの後ろで改行すると桁と桁との間に隙間ができます

■用意したGIF画像のファイル名を
・FAモードの時は「0.gif…9.gif」
・CAモードの時は静止画像のファイル名を「0.gif…9.gif」、アニメーション画像を「a0.gif…a9.gif」にしてディレクトリ(images)に入れて下さい。

■カウント数値を途中から始めたい時は、count.datをエディタ等で開いて数値を変更して下さい

■以上の設定が終わったら、以下のようにアップロードしそれぞれパーミッションを設定して下さい

■ディレクトリ構成

/トップディレクトリ/ | |---index.html(カウンターを表示するページ、どこに設置してもOK) | |---/cgi-bin/[ 755 ](CGIが動作するディレクトリ) | |---cmfcount3.cgi[ 755 ](スクリプト本体) | |---/lock/[ 777 ](ロックファイル監視用ディレクトリ、このディレクトリはご自身で作成してください) | |---/data/[ 777 ](カウントログ格納用ディレクトリ、このディレクトリはご自身で作成して下さい) | | | |---count.dat[ 666 ](カウント数を記録するファイル) | (カウント数を0から始める時はアップロード不要) | |---/images/(GIF画像を格納するディレクトリ) | |---0.gif...9.gif/a0gif...a9.gif(カウント数を表示する画像) | |---error1.gif...error9.gif(エラー時に表示する画像)

*[ ]内の数字はパーミッションです

コメントを残す

logo
RSS はてなブックマーク Twitter Facebook Google+
now loading...