totaltodayyesterday

フリーなCGIと自宅サーバー情報サイト

CmfCounter-TypeD

[ サンプル ]

[ 機能説明 ]

» IFRAMEやJAVAスクリプトを使用して表示するカウンターです
» 総数、今日、昨日を表示できます
» カウンターの桁数を自由に変更できます
» カウンターの表示形式をテキスト、GIF画像の選択ができます
» クッキーによる同一訪問者の重複カウントアップを一定時間制限できます
» ブラウザ上でカウント数値の変更ができます
» キリ番時にカウンターを別に表示して訪問者にキリ番を知らせることができます
» 表示するカウンターを自由にカスタマイズできます
» 海外サーバー用に時差調整できます
» 特定のホスト名、IPアドレスのカウントを防止できます
» カウンターのリセットを防止する機能が付いています
» 時間、日、月別の簡易アクセスログ機能

御利用頂く前に必ず「利用規約」をご覧下さい

[ ダウンロード ]

cmfcount4.lzh(11.2k)

[ 設置方法 ]

■cmfcount4.lzhを解凍後、下記のファイル、ディレクトリがあるか確認して下さい

ファイル パーミッション 説明
cmfcount4.cgi 755 スクリプト本体
count.dat 666 カウント数値保存用ファイル
kiriban.dat 666 キリ番数値保存用ファイル
images(ach.gif、acd.gif、acm.gif) カウンター画像、アクセスログを表示する画像を入れるディレクトリ
data 777 カウンターログ等を格納するディレクトリ
lock 777 ロックファイル監視用ディレクトリ
hlog.dat、dlog.dat、mlog.dat 666 アクセスログ記録用ファイル
readme.html 設置方法の記載されたマニュアル

*「lock」ディレクトリは添付しておりませんので御自身で作成して下さい

■cmfcount4.cgiをエディタ等で開いての下記の部分を設定してください

[ 1行目 ]
Perlまでのパスを指定(不明な時はプロバイダに確認して下さい)
#!/usr/local/bin/perl

[ 設定項目 ]

1.表示するカウンターの桁数を指定(この桁数をカウント数が超えた時はカウント数の桁数で表示されます)
$allketa = 5; #総数の桁数
$tydketa = 5; #今日、昨日の桁数

2.管理者用パスワードを半角英数字で指定
$pass = ‘ohtan’;

3.ファイルロック(flock関数)を(0:使う/1:使わない)
$f_lock = 0;

4.カウンターの表示形式(0:TEXT/1:GIF)を指定
$cntmode = 1;

5.4が「GIF形式」の場合、総数と今日、昨日をそれぞれ別のGIF画像で表示(0:する/1:しない)
$gifimg = 0;

6.4が「GIF形式」の場合、GIF画像格納用ディレクトリを指定(http://からでもOK)
$imgdir = ‘./images/’;

7.キリ番表示機能(0:使う/1:使わない)
$kiri = 0;

8.4がGIF形式で、キリ番表示機能を使う場合、キリ番用のGIF画像の名称を指定(*0.gifの*の部分)
$kn = ‘c’;

9.クッキーによる同一訪問者の重複カウントアップ防止機能
$d_up = 1; #(0:使う/1:使わない)
$d_time = 60*60*1; #カウントアップしない時間(例:3時間カウントアップしない場合60*60*3)
$d_key = ‘counter’; #クッキーネームを半角英数字で指定

10.ロックファイル監視用ディレクトリを指定(通常は変更不要)
$lockdir = ‘./lock/’;

11.カウントログ格納用ディレクトリ(通常は変更不要)
$cntdir = ‘./data/’;

12.アクセスログ機能(0:使う/1:使わない)
$accmode = 0;

13.アクセスログのイメージバーのファイル名
$achgif = ‘ach.gif’; #時
$acdgif = ‘acd.gif’; #日
$acmgif = ‘acm.gif’; #月

14.アクセスログのイメージバーの長さ調整(1日のカウント数に合わせて調整して下さい)
※この数値を大きくすると1カウントのバーの長さが短くなります
$hbar = 1; #時
$dbar = 1; #日
$mbar = 5; #月

15.海外サーバー用時差調整(最初の数字を1~24時間で指定)
(例:15時間遅らせる場合は[-15*60*60]進める場合は[15*60*60])
$jisa = 0;

16.特定のホスト名、IPアドレスのカウント防止(使用しない時は空欄)
ホスト名を指定する時は[so-net.ne.jp][nifty.com]の部分を指定
IPアドレスを指定する時は先頭の2つ[210.189][203.35]の部分を指定
@DENY = (‘so-net.ne.jp’,’210.189′);

17.カウンターの出力
HTMLを記述してカウンターを表示するページを作成して下さい
総数のカウンターを表示する所には$allcnt
今日のカウンターを表示する所には$daycnt
昨日のカウンターを表示する所には$yescntを記述して下さい

sub PrintOut { print<<"_HTML_"; ↓↓↓↓↓ココから <html> <head> <title>CmfCounter-TypeD</title> </head> <body> <small>[ 総数 ] $allcnt<small><br> <small>[ 今日 ] $daycnt<small><br> <small>[ 昨日 ] $yescnt<small><br> </body> </html> ↑↑↑↑↑ココまで _HTML_ }

18.キリ番カウンターの出力
HTMLを記述してキリ番カウンターを表示するページを作成して下さい
基本的には総数のみを表示します。
カウンターを表示する所には$allcntを記述してください
今日、昨日を表示したい時は上記11と同様に
今日のカウンターを表示する所には$daycnt
昨日のカウンターを表示する所には$yescntを記述して下さい
但しGIF形式の時は通常時のGIF画像で表示されます

sub PrintGet { print<<"_GET_"; ↓↓↓↓↓ココから <html> <head> <title>CmfCounter-TypeD</title> </head> <body> <big><big>おめでとう!!<br> あなたは記念すべき<br> $allcnt<br> 人目のお客様です </big></big> </body> </html> ↑↑↑↑↑ココまで _GET_ }

■表示するカウンターがGIF形式の場合
・総数、今日、昨日を1つのGIF画像で表示する場合のGIF画像の名称は「0.gif…9.gif」
・総数と今日、昨日を別のGIF画像で表示する場合のGIF画像の名称は総数が「a0.gif…a9.gif」、今日、昨日が「b0.gif…b9.gif」
・キリ番カウンターのGIF画像の名称は設定項目8で指定したアルファベット1文字をGIF画像の名称の頭に付け加えてください(設定項目8が「c」の場合は「c0.gif…c9.gif」)
・imagesディレクトリに上記のGIF画像を入れて下さい

■カウンターの呼び出し
カウンターを表示させたいページにIFRAMEを使用してcmfcoun4.cgiを呼び出して下さい

例) <iframe src="http://.../cmfcount4.cgi" width="300" height="200" scrolling="no"> IFRAME 未対応のブラウザでは表示できません </iframe>

■カウント数値変更画面の呼び出し方
cmfcount4.cgiまでのURLの最後に「?mode」を付け加えて呼び出して下さい

「http://…cmfcount4.cgi?mode」

*編集したカウント数値はアクセスログには反映されません

■簡易アクセスログの呼び出し方
cmfcount4.cgiまでのURLの最後に「?acclog」を付け加えて呼び出して下さい

「http://…cmfcount4.cgi?acclog」

■キリ番表示させるカウント数のデフォルトは「100、200・・・1000000」となっていますので変更したいときは「kiriban.dat」をエディタ等で開いて数値を変更して下さい

■ディレクトリ構成

/トップディレクトリ/ | |---/cgi-bin/ | |---/counter/[ 755 ] | |---cmfcount4.cgi[ 755 ] | |---/data/[ 777 ] |   | |   |---count.dat[ 666 ] |   | |   |---kiriban.dat[ 666 ] |   | |   |---hlog.dat、dlog.dat、mlog.dat[ 666 ] | |---/lock/[ 777 ] | |---/images/ | |---0.gif...9.gif(注2) | |---ach.gif、acd.gif、acm.gif

*[ ]内の数値はパーミッションです
*カウンター表示用GIF画像はすべてimagesディレクトリにアップロードして下さい

コメントを残す

logo
RSS はてなブックマーク Twitter Facebook Google+
now loading...