totaltodayyesterday

フリーなCGIと自宅サーバー情報サイト

CounterAccessory

[ サンプル ]

総数 lcounterr 今日 lcounterr 昨日 a_lcounterr
countercountercounter 

[ 機能説明 ]

» 今使っているカウンターをキリ番カウンターにするCGIです
» 次のキリ番数値の表示ができます
» キリ番以外はランダムにBGMを流し、キリ番の時にはファンファーレを流すことができます
» BGMをランダムに流すことのみも可能
» 上記の機能を個々に使用することも可能

御利用頂く前に必ず「利用規約」をご覧下さい

[ ダウンロード ]

cntacc.lzh(17k)

[ 設置方法 ](CmfCounter-TypeAを使用した場合の例)

■cntacc.lzhを解凍後、下記のファイル、ディレクトリがあるか確認して下さい

ファイル パーミッション 説明
cntacc.cgi 755 スクリプト本体
gifcat.pl 644 GIF画像連結ライブラリ
midi 標準入出力ライブラリ
get.dat 666 キリ番数値用ファイル
getimg(0.gif…9.gif/next.gif/r.gif) 次のキリ番数値を表示する画像を格納するディレクトリ
readme.html 設置方法の記載されたマニュアル

*gifcat.plはすでにアクセスカウンターで使用している場合はアップロード不要です
*「midi」ディレクトリは添付しておりませんのでご自身で作成して下さい
*「getimg」ディレクトリは次のキリ番数値画像をカウンターと同じ画像を使用する時はアップロード不要です
*次のキリ番数値の画像は御自身で用意したものも使用できます

■ランダムに流すmidiファイル、キリ番時に流すmidiファイルは御自身で用意して下さい

おすすめのMIDI配布サイト[ オルゴールの城 ]

■cntacc.cgiをエディタ等で開いての下記の部分を設定してください
[ 1行目 ]

Perlまでのパスを指定(不明な時はプロバイダに確認して下さい)
#!/usr/local/bin/perl

[ 設定項目 ]

1.使用する機能(すべて使う:0/MIDIのランダム機能のみを使う:1)を指定
$mode = 0;

2.ランダムに流すMIDIファイルが入っているディレクトリまでのパスを指定
$mididir = ‘./midi/’;

3.キリ番用MIDIファイルまでのパスを指定
$getmidi = ‘./fanfare.mid’;

4.カウント数値が記録されているファイルまでのパス
$cntfile = ‘./data/a_cnt.dat’;

5.キリ番数値が記録されているファイルまでのパス
$getfile = ‘./get.dat’;

6.次のキリ番数値表示用画像が入っているディレクトリまでのパス
$imgdir = ‘./getimg/’;

7.カウンターに使用しているGIF画像の名称(*0.gifの*の部分、*がなければ空欄)
次のキリ番表示をカウンターと同じ画像で表示する場合のみ指定
$cntgif = ”;

8.gifcat.plまでのパス
$gifcat = ‘./gifcat.pl’;

9.カウント数の書式設定
$rownumはカウント数が記録されている行を指定
$formatはカウント数の部分には<c>、区切り文字は<s>、それ以外の文字列はを指定
@dividedは使用されている区切り文字すべてを指定
総数のみの場合は「$format = ‘<c>’;」「@divided = ( );」と指定
$rownum = 1;
$format = ‘<c>’;
@divided = ( );

例)——————————-
カウンターログの1行目に「総数&その他のデータ1=その他のデータ2」というように記録されていた場合
$rownum = 1;
$format = ‘<c><s><d><s><d>’;
@divided = (‘&’,’=’);
———————————-

■次のキリ番数値(添付されているもの使う場合)を表示する時は以下のIMGタグを挿入して下さい
<img src=”http://…/getimg/next.gif”><img src=”http://…cntacc.cgi?nextget”><img src=”http://…/getimg/r.gif”>

■ランダムにBGMを流したい時は以下の<embed>タグを挿入して下さい
<embed src=”http://…cntacc.cgi”>

※パネルのサイズ、色、自動再生、リピート等の設定は個々に指定して下さい

■以上の設定が終わったら、以下のようにアップロードしてそれぞれパーミッションを設定して下さい

■ディレクトリ構成

/トップディレクトリ/ | |---/cgi-bin/ | |---cmfcount.cgi | |---gifcat.pl | |---errgif.pl | |---/data/ | | | |---○○○_count.dat | |---/images/ | | | |---▲0.gif...▲9.gif | |---ach.gif/acd.gif/acm.gif | ----------(ここまではカウンターCGIのディレクトリ構成)---------- | |---cntacc.cgi[ 755 ](スクリプト本体) | |---get.dat[ 666 ](キリ番数値が記録されているファイル) | |---/getimg/ | | | |---0.gif...9.gif(次のキリ番数値表示用画像) | |---next.gif/r.gif(次のキリ番数値表示用画像の両枠画像) | |---/midi/(ランダムに流すMIDIファイル格納用ディレクトリ) | | | |---●●●.mid | |---▲▲▲.mid | |---■■■.mid | |---◎◎◎.mid(キリ番時に流すMIDIファイル)

*[ ]内の数字はパーミッションです
*次のキリ番画像をカウンターと同じ画像で表示する時は「getimg」ディレクトリはアップロードする必要はありません、その場合設定項目6を「images」に変更して下さい

■BGMをランダムに流すのみの時は「cntacc.cgi」と「midi」ディレクトリ以下のMIDIファイルのみをアップロードして上記で説明した<embed>タグでcntacc.cgiを呼び出して下さい
*カウンターCGIと同じ場所にアップロードする必要はありません

■次のキリ番表示のみを使用したい時は「cntacc.cgi」「get.dat」「getimg」「gifcat.pl」のみをアップロードして上記で説明したIMGタグでcntacc.cgiを呼び出して下さい

コメントを残す

logo
RSS はてなブックマーク Twitter Facebook Google+
now loading...