totaltodayyesterday

フリーなCGIと自宅サーバー情報サイト

CmfThreadBBS

[ サンプル ]

CmfthreadBBSサンプル

[ 機能説明 ]

» サポートBBSに適したスレッドタイプのBBSです
» 画像の投稿ができます。
» 投稿時に文字色の選択ができます
» 新着、更新マークを自由にカスタマイズできます
» 投稿数が多くなったスレッドでレスを書きやすくする為の投稿記事を隠す機能
» 引用文の貼り付け機能
» 過去ログ生成機能
» 投稿した記事の編集機能(EditKey入力時のみ)
» IPアドレスによるアクセス制限機能
» キーワードによるand、or検索
» 投稿のあった記事をメール送信できます
» 直接POSTされるのを防止するスパム投稿防止機能
» 日本語のみに限定する投稿制限機能
» 投稿メッセージの禁止ワード設定機能
» URLBL(Message、Url欄に含まれるドメインが指定したURLBL(ブラックリストデータベース)でヒットした場合に投稿を拒否)機能

御利用頂く前に必ず「利用規約」をご覧下さい

[ ダウンロード ]

cmfthread.zip(41.0k)

[ 設置方法 ]

■cmfthread.zipを解凍後、下記のファイル、ディレクトリがあるか確認して下さい

ファイル/ディレクトリ名 パーミッション 説明
cmfthread.cgi 755 スクリプト本体
jcode.pl 644 日本語コード変換ライブラリ
stdio.pl 644 標準入出力ライブラリ
fold.pl 644 日本語文字列分割ライブラリ
confirm.js 644 スパム防止用JavaScript
/images/
(l_l.gif/l_r.gif/u_l.gif/
u_r.gif/sp.gif/mail.gif)
この掲示板で使用する画像(全6種類)
/data/
(count.dat/data.dat)
data(777)
count.dat(666)
data.dat(666)
ログを格納するディレクトリ
/lock/ 777 ロックファイル監視用ディレクトリ
/temp/ 777 アップロード画像保存ディレクトリ
readme.html マニュアル

*「lock」「temp」ディレクトリは添付されておりませんのでご自身で作成して下さい

■fold.plをエディタ等で開いての下記の部分を設定してください
[ 1行目 ]

Perlまでのパスを指定(不明な場合はサーバー管理者に確認して下さい)
#!/usr/local/bin/perl

■cmfthread.cgiをエディタ等で開いての下記の部分を設定してください
[ 1行目 ]

Perlまでのパスを指定(不明な場合はサーバー管理者に確認して下さい)
#!/usr/local/bin/perl

[ 設定項目 ]

1.掲示板のタイトル
$TitleName = ‘BBSタイトル’;

2.タイトルに画像を使用する場合は画像までのURL
$TitleImage = ”;

3.タイトルのフォントサイズ
$TitleSize = ’18px’;

4.タイトルのフォントカラー
$TitleColor = ‘#999999’;

5.タイトルの下のコメント
$StitleName = ‘気軽にカキコしてくださいね’;

6.全体の背景色
$BackColor = ‘#D8D8D8′;

7.背景に画像を使用する場合は画像までのURL
$BackImage = ”;

8.全体のフォントサイズ
$MainFsize = ’12px’;

9.全体のフォントの種類
$FontFace = ‘MS UI Gothic’;

10.全体のフォントカラー
$MainFcol = ‘#999999’;

11.テーブル全体の色(ここを変更する場合はフォーム用画像の修正が必要)
$TableColor = ‘#ffffff’;

12.全体のテーブル幅(%での指定は不可)
$TableWidth = 550;

13.スレッドタイトルの背景色(交互に表示する背景色)
$ThreadCol1 = ‘#cdcdcd’; #背景1
$ThreadCol2 = ‘#ffffff’; #背景2

14.投稿フォーム入力欄のボーダーカラー
$TableBcol = ‘#999999’;

15.投稿フォーム入力欄の背景色
$TableIback = ‘#ffffff’;

16.投稿フォーム入力欄のフォントカラー
$TableIcol = ‘#999999’;

17.投稿時に選択するフォントカラー
@FontColor = (‘#000080′,’#4275bb’,’#008040′,’#0000FF’,’#C100C1′,’#FF80C0′,
‘#FF8040′,’#999999′,’#c80000′,’#800000’);

18.LINK色の設定
$Unvisit = ‘#999999’; #未訪問
$Visited = ‘#999999’; #訪問済
$Hover = ‘#FFD9D9’; #アクティブ

19.新着、更新マークの設定(FONT、IMGタグで指定)
$MarkLimit = 24; #新着、更新マークの表示時間
$NewMark = ‘<font color=”#ff0000″>●</font>’; #新着
$UpMark = ‘<font color=”#0080FF”>●</font>’; #更新
$OldMark = ‘<font color=”#838383″>●</font>’; #その他

20.1ページのスレッド表示件数
$MaxPage = 20;

21.スレッド保存数(あまり多くしない)
$MaxSavelog = 200;

22.過去ログ生成機能
$PastOn = 0; #(0:OFF/1:ON)
$MaxPastNum = 10; #過去ログ保存ファイル数

23.管理者用パスワード
$PassWord = ‘password’;

24.投稿があった際に管理者へメール
$MailTrance = 0; #(0:非送信/1:送信)
$SendMail = ‘/usr/lib/sendmail’; #sendmailのパス
$MailAddr = ‘your@example.com’; #送信先メールアドレス
$MailTitle = ‘BBS Info’; #メール送信者名

25.戻り先URL
$ReturnUrl = ‘http://’;

26.カウンターの設定
$CntMode = 1; #(0:非表示/1:表示)
$CntBeam = 5; #桁数

27.ファイルロック方式
$LockType = 0; #(0:flock/1:link)

28.アクセス制限機能
$AccessRef = 0; #(0:OFF/1:ON)
@IpList = (); #制限対象IPアドレス

29.このファイル(cmfthread.cgi)までのURL(通常は変更不要)
$MyScript = ‘cmfthread.cgi’;

30.imagesディレクトリまでのURL(通常は変更不要、最後に/は入れない)
$ImageDir = ‘./images’;

31.lockディレクトリのパス(通常は変更不要、最後に/は入れない)
$LockDir = ‘./lock’;

32.dataディレクトリのパス(通常は変更不要、最後に/は入れない)
$DataDir = ‘./data’;

33.jcode.plまでのパス(通常は変更不要)
$LibJcode = ‘./jcode.pl’;

34.stdio.plまでのパス(通常は変更不要)
$LibStdio = ‘./stdio.pl’;

35.fold.plまでのパス(通常は変更不要)
$LibFold = ‘./fold.pl’;

36.海外サーバー用時差調整(時間*分*秒)
(例:日本時間より15時間遅らせる場合は「-15*60*60」進める場合は「15*60*60」)
$TimeAdjust = 0;

37.セキュリティーアップ機能(記事管理ページにログインできない時はOFFにして下さい)
$Security = 1; #(0:OFF/1:ON)

38.画像アップロード機能(アップロードできる画像の種類はGIF/JPG/PNGです)
$ImgUpload = 1; #(0:OFF/1:ON)
$ImgMaxsize = 10240; #画像のサイズ(byte)制限(最大1Mbyte)
$ImgWidth = 150; #画像の最大横幅(width)
$ImgUpdir = ‘./temp’; #画像を保存するディレクトリ(通常は変更不要、最後に/は入れない)
$ImgUpuri = ‘http://…/temp’; #tempディレクトリまでのパス(http://から)

39.投稿禁止ワード設定
$BWCheck = 0; #(0:OFF/1:ON)
$BWMatch = 0; #(0:AND/1:OR)
(ANDは禁止ワードすべてにマッチした場合に、ORは禁止ワードの何れか1つにマッチした場合にエラーとなります)

$BWPreg = 0; #(0:文字列/1:正規表現)
(正規表現は上級者向けなので通常は文字列を使用して下さい、1にした場合は禁止ワードに正規表現を使用することができます)

@BWList = (); #禁止ワード
(例1:$BWPregが文字列の場合「@BWList = (‘http://’,'<a href=’);」)
(例2:$BWPregが正規表現の場合「@BWList = (‘http:\/\/(.+)\/’,'<a href=\”(.+)\”>(.+)<\/a>’);」)

40.日本語投稿のみに限定する
$jpn_only = 0; #(0:OFF/1:ON)

41.URLBL機能
(Message/Url欄に含まれるURLのブラックリストチェック)
(投稿時のパフォーマンスが低下する場合があります)
$URLBLCheck = 0; #(0:OFF/1:ON)
@URL_BL = (‘multi.surbl.org’,’multi.uribl.com’,’url.rbl.jp’); #参照するURLBL

42.confirm.jsのURL/PATH
$ConfirmJSURL = ‘./confirm.js’; #URL
$ConfirmJSPATH = ‘./confirm.js’; #PATH

■以上の設定が終わったら、以下のようにアップロードしてそれぞれパーミッションを設定して下さい

■ディレクトリ構成

/トップディレクトリ/ | |---/cgi-bin/(CGIが動作するディレクトリ) | |---/bbs/[ 755 ] | |---cmfthread.cgi[ 755 ](スクリプト本体) | |---jcode.pl[ 644 ](日本語コード変換ライブラリ) | |---stdio.pl[ 644 ](標準入出力ライブラリ) | |---fold.pl[ 644 ](日本語文字列分割ライブラリ) | |---confirm.js[ 644 ](スパム防止用JavaScript) | |---/data/[ 777 ](ログを格納するディレクトリ) |   | |   |---data.dat[ 666 ](記事データ保存用ファイル) |   | |   |---count.dat[ 666 ](カウント数値保存用ファイル) | |---/lock/[ 777 ](ロックファイル監視用ディレクトリ) | |---/temp/[ 777 ](アップロード画像保存ディレクトリ) | |---/images/(画像格納ディレクトリ) | |---u_l.gif/u_r.gif/l_l.gif/l_r.gif/sp.gif(この掲示板で使用する画像)

*[ ]内の数字はパーミッションです
*lock、tempディレクトリはご自身で作成して下さい

■アップロード終了後cmfthread.cgiにアクセスして表示されれば設置は終了です

コメントを残す

logo
RSS はてなブックマーク Twitter Facebook Google+
now loading...